伝統的七夕ライトダウン2014キャンペーン

瀬名 秀明さんからのメッセージ

瀬名秀明 (せな ひであき)

作家

1968年生まれ。作家、仙台市在住。 『パラサイト・イヴ』『虹の天象儀』『デカルトの密室』『インフルエンザ21世紀』 『小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団』(原作=藤子・F・不二雄)『希望』など著書多数。 2006年から2009年まで東北大学機械系特任教授も務めた。

静岡で生まれ育ち、子どものころ当然のように7月に七夕飾りをつくっていた自分にとって、仙台にやってきての初めての夏は驚きでした。 多くの家庭が8月になってベランダに七夕飾りを掲げるのです。 テレビでは1か月も前に七夕の風情を放送したというのに、仙台の七夕はこれから始まるのでした。

いまも仙台の町を行くと、ときおり7月に七夕飾りを出している家を見かけます。 「あっ、この家は仙台に引っ越してきたばかりなんだな」とわかります。 それがなんだか初々しく、この町の時間が改めて起ち上がるような気がします。

7月の時期、東京のテレビ局が七夕を取り上げてわいわい盛り上がっているのは、仙台ではなんだかふしぎな感覚です。 この町の七夕は、全国区のテレビの中にはありません。 灯りを消して夜空を見上げるには、そんな七夕の日が似合っているように思います。

2014-06-15(日曜日) - 21:32 pm | |