伝統的七夕ライトダウン2014キャンペーン

「明かりをけして 星をみよう」

伝統的七夕ライトダウン2014キャンペーン(ご案内)

伝統的七夕ライトダウン2014推進委員会(委員長:阪本成一、宇宙航空研究開発機構・教授)は、みんなで明かりを消して星空を見上げよう、と呼びかける「伝統的七夕ライトダウン2014キャンペーン」を、8月2日と3日の2夜にわたり実施いたします。2011年より始まったこのキャンペーンは今回が4回目となります。

国立天文台が提唱するいわゆる旧暦の七夕にあたる「伝統的七夕」は、8月で晴天が多く、上弦の月が美しく輝き、月が沈んだ夜半には天の川がひろがる夜空を楽しめます。今年の伝統的七夕は8月2日。頭上には織姫星と彦星が輝き、上弦前の月を楽しむことができます。織姫星と彦星のあいだには天の川が流れ、はくちょう座の星々が輝いています。はくちょう座のくちばしの星であるアルビレオは、宮澤賢治の『銀河鉄道の夜』で「サファイヤとトパーズ」と表現されている星です。この星は望遠鏡を通して見ると青と明るい橙の星がそっと寄り添っていることがわかり、織女と牽牛が一年に一度だけ出逢う七夕伝説を思い起こさせてくれます。

今年は、8月2日・3日をライトダウン実施日とし「明かりをけして 星をみよう」をスローガンに、星空の下で人々の思いをつなげるキャンペーンを展開します。ほんのひととき、みんなで美しい星空を取り戻してみませんか。

○キャンペーンの概要

  1. 名称:伝統的七夕ライトダウン2014キャンペーン
  2. スローガン:「明かりをけして 星をみよう」
  3. 日程:2014年8月2日 (土)・3日 (日) の2夜
    ※伝統的七夕の日は8月2日です
  4. 対象:賛同する全国の個人・団体等
  5. 主催:伝統的七夕ライトダウン2014推進委員会
    共催:宇宙航空研究開発機構、自然科学研究機構 国立天文台、
    スター・ウィーク実行委員会、南の島の星まつり実行委員会、
    星空を守る会、星空公団
  6. 後援 :日本天文学会、一般社団法人 Think the Earth、ほか
  7. 内容:一斉に七夕の星空を見上げる呼びかけ、家庭や職場・各地のタワーなどの一斉消灯、
    はくちょう座の二重星「アルビレオ」を見る全国一斉観望会実施、
    照明の適切なあり方(消灯・分灯)の情報発信、呼びかけ人のメッセージ公開など

○お問い合わせ先

伝統的七夕ライトダウン2014推進委員会 事務局
電子メール press2014@darksky.jp

 

注:国立天文台では、いわゆる旧暦(太陰太陽暦)の7月7日に近い日を計算して、
「伝統的七夕」の日として広報しています

2014-07-07(月曜日) - 07:18 am | | ニュース