伝統的七夕ライトダウン2013キャンペーン

リリース

伝統的七夕ライトダウン2013キャンペーン開催のお知らせ(第一報)

2013年2月6日
伝統的七夕ライトダウン2013推進委員会

伝統的七夕ライトダウン推進委員会では、みんなで明かりを消して星空を見上げよう、 と呼びかけるキャンペーンを8月12日、13日の夜に実施します。 「伝統的七夕」※ とその前夜、20時から全国で一斉に明かりを消して、夜空に 輝く七夕の星々や天の川を7分間眺めてみよう、という提案です。

現代の社会では夜間照明は欠かせないものですが、 夜空に漏れ出す光はその全てが必要な場所を照らしているとは言えません。 この様な問題はエネルギーの浪費や環境破壊を助長する原因となります。 節電意識の高まっている今、夜を本来の暗い状態に近付けて、 これからの生活のあり方を一緒に考える機会にしていきましょう。

※いわゆる旧暦(太陰太陽暦)の7月7日に近い日を国立天文台が計算し、 「伝統的七夕」の日として広報しています。

○キャンペーンの概要

名称:
伝統的七夕ライトダウン2013キャンペーン
スローガン:
「星に願う2日間」
キャンペーン日程:
2013年8月12日(月)・13日(火)
対象:
賛同する全国の個人・団体等
主催:
伝統的七夕ライトダウン2013推進委員会
呼びかけ内容案:
  • 協力出来る照明を消灯して夜空を見上げる呼びかけ
  • ペルセウス座流星群にあわせて星空を眺める呼びかけ
  • 適切な照明器具の提案
  • ライトダウンを呼びかける天文関連施設や全国各地のイベント情報の発信
詳細:
キャンペーンの詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。http://7min.darksky.jp/