伝統的七夕ライトダウン2012キャンペーン

プレスリリース

一斉に消灯して夜空を見上げようと呼びかける
「伝統的七夕ライトダウン2012キャンペーン」を実施

2012年7月7日
伝統的七夕ライトダウン2012推進委員会

伝統的七夕ライトダウン2012推進委員会(委員長:阪本成一,宇宙航空研究開発機構・教授)は、 「伝統的七夕ライトダウン2012キャンペーン」を、8月18日から8月26日までの9日間にわたって実施いたします。 このキャンペーンは昨年より始まり今回が2回目となります。

キャンペーン期間中、とくに伝統的七夕(注)にあたる今年8月24日の夜は、少なくとも7分間、 明かりを消したり窓のカーテンを閉めるなどして夜空を見上げよう、 と全国のさまざまな施設・企業・団体・個人に協力を呼びかけます。 また、環境省が行う全国星空継続観察(8月8日~8月21日)への参加呼びかけ、 街明かりのある星空風景写真の作品募集、デジタルカメラでできる夜空の暗さ調査、適切な照明器具の提案、 ライトダウンを呼びかける天文関連施設や全国各地の天文イベント情報の発信なども併せて行います。

さらに、エネルギーの浪費と光害についても問いかけを行い、美しい天の川を次の世代に残したいと願う思いを、 全国で賛同いただける皆様と共有していきます。 節電の夏の夜空に輝く星たちが、私たちを想像力という糸でつないでくれることを願っています。

○キャンペーンの概要

1.名称:
伝統的七夕ライトダウン2012キャンペーン
2.スローガン:
「つながろう七夕、よみがえれ天の川」
3.キャンペーン日程:
2012年8月18日 (土) ~ 8月26日 (日)
  一斉ライトダウン実施日:
2012年8月24日 (金) の夜間 およびキャンペーン期間中の夜間
4.対象:
賛同する全国の個人・団体等
5.主催:
伝統的七夕ライトダウン2012推進委員会
  共催:
宇宙航空研究開発機構/自然科学研究機構 国立天文台/スター・ウィーク実行委員会/南の島の星まつり実行委員会/星空を守る会/星空公団
6.後援:
日本天文学会/日本プラネタリウム協議会/日本公開天文台協会/一般社団法人Think the Earth/天文教育普及研究会/日本惑星科学会/地球電磁気・地球惑星圏学会/高校生天体観測ネットワーク/清里スターフェスティバル実行委員会/天文学普及プロジェクト 天プラ
7.協力:
環境省 水・大気生活環境室 ほか
8.詳細:
キャンペーンの詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。http://7min.darksky.jp/

○お問い合わせ先(伝統的七夕ライトダウン2012推進委員会 事務局)

電子メール press2012@darksky.jp


注:国立天文台では、いわゆる旧暦(太陰太陽暦)の7月7日に近い日を計算して、「伝統的七夕」の日として広報しています。


リリースのPDF版はこちら release20120707.pdf (PDF, 102 kB)