イベントレポート

お台場デッキ星空観望会

印刷Eメール

お台場デッキ星空観望会

お台場の観望会は、ゆりかもめ台場駅にほど近いシンボルプロムナード公園デッキで開催しました。会場はベイブリッジ越しに東京タワーも見え、人通りも多い好立地でした。晴れていれば七夕の星々はじめ、半月や土星などを見ていただくべく、(株)ビクセンのご協力、星空公団の機材など、望遠鏡4台と数台の双眼鏡を展開しました。残念ながら天候に恵まれず、予定通りにはいきませんでしたが、それでも薄曇りだった前半は薄雲ごしに月が見えていたので、望遠鏡で月を見ながら、星のお話、七夕のお話をすることができました。通りがかりの観光客の方、散歩に出られていた地元の方、ランニング帰りの方、海外からいらっしゃった方など、20人位の方に月を見ていただけました。

全天雲に覆われてしまった後半からは、月も見ることができなくなりましたが、望遠鏡を見ていただいたり、七夕のお話、ライトダウンのお話、宇宙のお話など、お立ち寄りの方々とお話しさせていただきました。

(株)ビクセンのご協力で、星座早見盤や星空の説明パンフレットも配布され、天候には恵まれなかったものの、トータル50人程度の参加者の方と、伝統的七夕の空の下、七夕について、照明について、そしてエネルギーについて語らい、宇宙へ想いを馳せることができました。

いよいよ21時、最後にカウントダウンで消灯する東京タワーを見て、イベントを終了しました。


alt

alt

 

水戸駅南口ペディストリアンデッキ街角観望会

印刷Eメール

水戸駅南口ペディストリアンデッキ街角観望会

JR水戸駅ペディストリアンデッキにて天体観望会を行いました。

七夕の星々の「ベガ」と「アルタイル」を2台の望遠鏡を使用して通行人の方々にのぞいて頂きました。

水戸黄門祭りの熱気の中、曇り空でしたが30人程の方々が望遠鏡をのぞいていって下さいました。

   
© 2012 - 伝統的七夕ライトダウン2011推進委員会