伝統的七夕とは

伝統的七夕とは

印刷Eメール

 中国から伝わり、日本で独自の発展を遂げてきた七夕の行事が行われたのは、もともと太陰太陽暦の7月7日でした。この日は半月状の月が浮かび、織姫星(ベガ)や彦星(アルタイル)も空高く昇っていて、織姫が月の舟に乗り彦星に逢いにいくなどというロマンティックな想像もできます。また、深夜に月が沈んだ後は天の川も見られます。
 しかし、現在のカレンダーの7月7日では、毎年月の形も違い、さらに梅雨の最中で晴天率も悪く、そもそも星祭りには向いていないのです。そこで、国立天文台では「伝統的七夕」の日を、以前使われていた暦をもとに 定義し、星空を楽しむことを呼びかけています。「伝統的七夕」の日は、二十四節気の処暑を含む日か、それよりも前で、処暑に最も近い朔(さく=新月)の瞬間 を含む日から数えて7日目です。つまり、今年(2011年)の伝統的七夕は8月6日(土)になります。また、8月6日(土)~8日(月)には仙台七夕まつりが「復興と鎮魂」をテーマに開催されます。

 ぜひ、灯りを消して夏の夜に織姫と彦星の姿を探してみてください!

© 2012 - 伝統的七夕ライトダウン2011推進委員会