日本の七夕

日本の七夕

印刷Eメール

 日本の七夕の風習は、奈良時代に中国から伝わった「乞巧奠(きっこうでん/きこうでん)」と日本古来の「棚機津女(たなばたつめ)信仰」が結びついて形作られたといわれます。また、お盆の風習にも関係が深いとされます。中でも、奈良時代に宮中で始まったとされる乞巧奠は、「巧み」を「乞う」という意味を持っ ています。七夕の織女が機織りの巧みさを授けてくれるようにと星に願い、竿や針に五色の糸をかけ、祭壇には季節の野菜などを供えたといわれています。
 さらに平安時代には貴族たちが、乞巧奠の習わしに従って、梶の葉に詩歌を書いて星にささげたこともあったようです。それらがやがて、女性の手仕事や針仕事、芸事などの上達を願うという風習つながったといわれます。
 七夕の風習は江戸時代に入ると、五色の短冊に詩歌を書き、笹飾りを行うようになります。そのころから七夕が一般にも浸透していったとされています。

© 2012 - 伝統的七夕ライトダウン2011推進委員会