ライトダウンで夜空を暗く

ライトダウンで夜空を暗く

印刷Eメール

 ライトダウンによって日本の夜空を暗くすることはできるのでしょうか。その答えのヒントは星空公団が測定した、昨年末から東京都内の夜空の明るさの連続測定データの中にあります。日によって多少変化はするものの、ほとんど一定であった夜空の明るさに大きな変化が見られたのは、3月11日の東日本大震災以降でした。この日から数日後を境に、夜空の明るさはそれ以前の60%程度まで減少しています。これは節電の広まりにより、屋外広告などの照明が大幅に節約されたためです。同様の変化は甲府盆地でも確認されています。甲府盆地では、夜空の明るさと同時に市街地の街明かりを測定しており、3月11日以降それぞれ65%まで減少しています。市街地の照明を減らすことで、夜空を暗くする効果が明らかになりました。

 意図していない光をうまくコントロールすることで、照明をもっと効率的に使えるようになり、人間の生活と星空が共存できるのではないかと私たちは考えています。

alt

© 2012 - 伝統的七夕ライトダウン2011推進委員会