伝統的七夕ライトダウン2016キャンペーン

2016年キャンペーン趣意

明かりをけして 星をみよう

 全国で一斉にライトダウンをして、夜空に輝く七夕の星々や天の川 をながめよう、と呼びかけるキャンペーンを、伝統的七夕(※)にあ たる2016年8月9日(火)へ向けて展開します。

 太陰太陽暦にもとづく七夕(いわゆる旧暦の七夕)を伝統的七夕と 呼んで見直す動きは年々広がってきています。現在使われている暦の 7月7日は日本では雨の多い時季ですが、伝統的七夕は8月で比較的晴 れやすく、織姫星・彦星がある夏の大三角は宵の空で7月以上に見や すくなります。月の満ち欠けを基本とする旧暦の7月7日は月齢およそ 6の月が空に輝き、月も星も楽しめる条件がそろいます。毎年、沖縄 県石垣市では数千人が集まって月・星・天の川をながめる星まつりが 恒例となっています。

 2016年の伝統的七夕は8月9日。東北の夏まつりの起源である月遅れ の七夕(8月7日)にも近い日付となります。そこで本年は、月遅れの 七夕や週末を含む8月5日(金)から8月9日(火)までの5日間をキャン ペーン期間として、星を見る各地のイベントへの参加を呼びかけるな ど、多くの方が参加しやすいキャンペーンをめざします。この夏は土 星・火星がさそり座のアンタレスに寄り添うように輝くなど、星空の 見どころも多くあります。

 2011年の東日本大震災の年から全国的に呼びかけを始めたこのキャ ンペーンも今年で6回目。2014年は賛同する各地のイベントが100件を 超えました。2015年には光害(ひかりがい)について自主的に学習す る取り組みも相次ぎました。2016年は「明かりをけして 星をみよう」 をスローガンに掲げ、さらに広く協力を呼びかけます。ご家庭や職場、 地域などでもぜひ本来の七夕の夜を楽しんでみませんか。

 一年に一度、夜空にもれる明かりをおさえ、七夕の星々に願いを託 し、美しい星空を楽しめる伝統的七夕にしていきましょう。

2016年5月
伝統的七夕ライトダウン2016推進委員会


 

※ 伝統的七夕の日付について 国立天文台では、二十四節気の処暑(太陽黄経が150度になる瞬間) を含む日かそれよりも前で、処暑に最も近い朔(新月)の瞬間を含 む日から数えて7日目を伝統的七夕の日として公表しています。

2015-03-11(水曜日) - 10:36 am | |